東京都洋菓子健康保険組合トップページへ

トップ > その他 保健事業について > データヘルス計画

データヘルス計画とは?

 健診・医療費等のデータを分析し、健康課題を割り出し、その健康課題の解決に向けてPDCAサイクルによる効果的で効率的な保健事業を実施するための事業計画のことを言います。

 2015年度から始まったデータヘルス計画は、第1期の3ヵ年(2015〜2017年度)を経て、第2期の6ヵ年(2018〜2023年度)を全ての健康保険組合で実施しています。

データヘルス計画のねらい!

 データを有効活用し、効果的で効率的に健康課題にアプローチすることで保健事業の実効性を高めていくことがデータヘルス計画のねらいです。

 政府が平成25年(2013年)6月に閣議決定した「日本再興戦略」において、“国民の健康寿命の延伸”が重要な柱として掲げられたことを受け、その実現に向けた取り組みとして データヘルス計画を策定することとなりました。

 健康寿命とは、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」のことをいい、健康寿命の延伸により、健康寿命と平均寿命の差を縮めることこそが重要とさています。

データヘルス計画で取り組むこと!

 健診・医療費等のデータを分析し、現状把握に基づき、健康課題を明確にした上で保健事業を計画(Plan)し、実施(Do)する。

 一定期間実施した保健事業を客観的な指標を基に評価(Check)を行い、保健事業の構成、目標・評価指標、対象・方法等を見直し、改善(Act)する。

 データヘルス計画では、このlan-o-heck-ctサイクルに沿って事業運営に取り組みます。

計画の期間および公表・周知

 第2期データヘルス計画の期間は、2018年度から2023年度までの6年間です。2018年度から2020年度までを前期、2021年度から2023年度までを後期に区分けし、 前期終了時に中間評価を行うこととしています。

 また、保健事業の目的や内容が加入者や事業主等の関係者に理解され、保健事業の実効性が高まるように、データヘルス計画をホームページや機関誌等で公表し、 関係者に周知することとなっています。

データヘルス計画〔第2期〕を推進していきます!(PDF1.4MB)PDFを表示

データヘルス計画書(4.2MB)PDFを表示

※上記PDFは別ウィンドウ(タブ)で開きます