目次 知っておきたい健康保険 こんなときに 退職した後は Home
1/2 2/2へ

 退職すると、その翌日に被保険者としての資格が失われます。当健康保険組合の保険証は無効になりますので、退職時に返納していただくことになっています。退職後に当健康保険組合の保険証で受診された場合は、「無資格診療」となり、後日医療費を返還請求することがあります。

【任意継続被保険者制度】(退職後20日以内に申請)

 退職後に引き続き任意継続被保険者として健康保険に加入するには、2ヵ月以上の被保険者期間が必要です。任意継続被保険者は、次の被保険者資格を取得するまでの橋渡し的な意味合いで2年間加入できます。また被扶養者(家族)の条件・範囲、提出書類等は変わりません。任意継続被保険者は一部を除いて今までと同じように保険給付および付加給付が受けられます。
*新しい保険証を交付しますので、在職中の保険証は返納してください。

保険料
(全額自己負担)

 任意継続被保険者の保険料は、個人加入となることから、全額個人負担となります。退職時の標準報酬月額か下記の当健康保険組合の平均標準報酬月額かいずれか低い方で決定されます。これに当健康保険組合の健康保険料率と介護保険料率(40歳以上64歳までの方が対象)を掛けた額が月額保険料となります。

平均標準報酬月額
平成30年度
28万円

納付方法・
期限
 保険料は、その月の10日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)までに、当健保組合の指定する金融機関に納付しなければなりません。期限までに納入しないと自動的に資格が失われます。
*保険料の納付は前納制度もあり、半年または1年単位で納める場合は割引となります。

 

資格喪失するとき

1  資格期間(2年)が満了したとき 3  再就職をして他の医療保険の被保険者となったとき
2  死亡したとき
4  期限までに保険料を納めなかったとき
    5 後期高齢者医療制度の該当者になったとき

手続き  必ず退職日の翌日から20日(暦日)以内に「任意継続保険料」・「任意継続被保険者資格取得申請書」と、被扶養者申請をされる場合は「被扶養者異動届」と家族の証明書類および銀行の口座番号と印鑑等をそろえて直接健康保険組合で手続きをしてください(現金書留による郵送も可)。
 
※国民健康保険への切り替えや、他の健康保険の被保険者であるご家族の被扶養者になるための途中喪失はできません。
前のページへ ページの先頭へ 次のページへ

22
退







1/2