目次 知っておきたい健康保険 こんなときに 退職した後は Home


 医療費控除とは、1年間(1月〜12月)に一家族*すべての自己負担した医療費が10万円(年間所得が200万円未満の人はその5%)を超えるとき、税務署に確定申告すると税金が戻ってくる制度です。超えた金額がすべて戻ってくるわけではなく、その金額に応じた所得税が軽減されます。
*同居、別居に関係なく「生計を共にしている」家族・親族

○医療費控除の対象となるもの

●病院に支払った診療代、治療費
●病気、ケガの治療薬代(市販薬でも可)
●保険が使えない診療費
●歯の治療費(保険外のものも可)
●入院中、付添い人に支払った報酬や交通費
●分娩費用・出産に伴う入院の費用
●病院への交通費、通院上必要なタクシー代

×医療費控除の対象とならないもの

●健康診断、人間ドック、予防注射
●予防のための健康食品、ビタミン剤
●治療でないメガネ、補聴器
●美容整形、歯矯正、歯垢除去
●入院中の親族への付添い料
●出産のため実家に帰る交通費
●ガソリン代、駐車代(自家用車)

計算の図

 

*健康保険組合から給付される療養費、移送費、高額療養費、合算高額療養費、出産育児一時金等およびその付加金や生保・損保の保険金、市区町村の補助金等を医療費から差し引きます。

平成29年1月1日〜平成33年12月31日の間で「セルフメディケーション税制」の適用を受けることができるようになりました。詳しくはリンク先をご覧ください。
なお、医療費控除とセルフメディケーション税制は、重複して適用を受けることができません。


申告の手続き

 確定申告の時期は、毎年2月16日から3月15日までの1ヵ月間ですが、サラリーマンなどの給与所得者による医療費控除等の還付申請については、1月からでも受け付けています。
 申告には、何よりも「領収書」が必要です。病院に限らず諸費用の領収書は必ずもらって保管しておいてください。そのほかに給与の源泉徴収票、印鑑が必要です。

前のページへ ページの先頭へ 次のページへ
20




























まる