目次 知っておきたい健康保険 こんなときに 退職した後は Home
1/3へ 2/3 3/3へ

交通事故にあったとき

 自動車事故などの第三者の行為によってケガをした場合は、相手(加害者)の自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)で治療を受けるのが一般的ですが、健康保険で治療を受けることもできます。それは相手が良心的でなかったり、支払能力に欠けていると、さしあたっての治療費が自費診療では大変だからです。この場合は、必ず健康保険組合に「第三者行為による傷病届」を提出しなければなりません。

交通事故にあったらまずどうするか?
1 冷静に判断して警察へ連絡
目撃証人の確保
(名刺、連絡先)
イラスト
ショックで冷静な判断を失わないようにしましょう
 
事故証明を警察(自動車安全センター)からもらいます
     
2 相手を確認
(1) 車のナンバー、色、型、名称
  (2) 相手の氏名(免許証)、勤務先(名刺)、連絡先(車の所有者も)
  (3) 自賠責保険証、車検証
 
自分で記録しておきましょう。(賠償交渉に必要です。)
イラスト    
3 病院で受診
大したことがないと思っても後遺症があるかもしれません(必ず領収書をもらっておきましょう。)
     
4 健康保険組合へ連絡
まずは、電話連絡をしてください

示談は健康保険組合と相談

 健康保険組合はあとで加害者または自賠責保険の事業機関に、医療費や傷病手当金など支払った額を請求することになります。その場合、被害者が加害者と示談を結んでしまうと請求すべき費用を請求できなくなることがあり、給付を停止、返納していただく場合もあります。示談する場合は、必ず健康保険組合にご相談ください。

角丸  
角丸
 
 ●自損事故、車同士の事故等も第三者行為にあたります。(必ず届け出をしてください。)
 
角丸  
角丸

前のページへ ページの先頭へ 次のページへ
19














かっこ











かっことじ
2/3