目次 知っておきたい健康保険 こんなときに 退職した後は Home
1/2へ 2/2

療養費・第二家族療養費・移送費の給付額と手続き方法



医療の内容
払い戻される額
(支給額)
手続きの方法










やむを得ない事情により保険証を提出できなかったとき
やむを得ず保険医以外の医療機関にかかったとき
 療養の給付の範囲内で査定された額の7割(義務教育就学前の子は8割)

 「療養費支給申請書」に[診療報酬明細書(レセプト)]と[領収書]を添えて健康保険組合に提出。

申請書はこちら記入例はこちら

海外で治療を受けたとき
*「療養を目的のため海外に行き診療を受けた」、「日本では保険給付の対象とならない医療を受けた」という理由では支給されません

同 上

*物価や治療内容のレベルの違いによりすべて給付はできません

同 上

*現地語で書かれた明細書の翻訳(翻訳者名と連絡先)を添えてください。

柔道整復師の施術代
はり・灸・マッサージ代

 定められた基準料金の7割(義務教育就学前の子は8割)

*単なる疲れ、肩こり等は支給されません

 多くの診療所等が都道府県の受領委任を受けていますので保険証の提出。受領委任がない場合は「療養費支給申請書」に[施術費用に関する証拠書類]・[領収書]と「医師の同意書」を添えて健康保険組合に提出。

申請書はこちら記入例はこちら

治療用装具(コルセット、ギプス、義眼、義手、義足、弱視治療用の眼鏡等)の購入代
同 上

 「療養費支給申請書」に[装具作成指示書]・[領収書]と「医師の同意書」を添えて健康保険組合に提出。

申請書はこちら記入例はこちら

高度先進医療

 健康保険適用分については、健康保険組合から給付

こちらを参照

 「療養費支給申請書」に[診療報酬明細書(レセプト)]と[領収書]を添えて健康保険組合に提出。

申請書はこちら記入例はこちら

輸血(生血)の血液代
 血液代としての基準額の
7割(義務教育就学前の子は8割)

 「療養費支給申請書」に[輸血証明書]と[領収書]を添えて健康保険組合に提出。

申請書はこちら記入例はこちら



移動困難で緊急のための移送等にかかる費用

 最も経済的な経路及び方法により、移送される費用を基準に算定された額

 医師の証明を受けた「移送承認申請書※1」を提出し、移送後に「移送費支給申請書※2」に[領収書]を添えて健康保険組合に提出。

移送承認申請書※1
申請書はこちら記入例はこちら
移送費支給申請書※2
申請書はこちら記入例はこちら

※領収書と診療報酬明細書は必ずもらっておいてください。

前のページへ ページの先頭へ 次のページへ
17











かっこ



てん



かっことじ
2/2