目次 知っておきたい健康保険 こんなときに 退職した後は Home


医療費支払いのしく図

 皆さんが、病気やケガで医者にかかると、かかった費用の3割(一般)を医療機関(病院や診療所等)に支払います。病院では治療費を1ヵ月(暦月)分ごとにまとめて、健康保険組合に残りの7割を請求し、支払いを受けるのが原則です。
 しかし、日本全国には何万もの病院があり、保険者(健康保険組合等)も数多く、個々に請求・支払いをしていたのでは大変です。そこで、実際には社会保険診療報酬支払基金という機関を通して請求・支払いを行います。支払基金は、病院からの診療報酬明細書(レセプト)をチェックして健康保険組合(保険者)に請求し、健康保険組合は再度チェックして支払基金を通して病院に支払います。
 このような流れにより高額療養費、一部負担還元金、家族療養費付加金等の保険給付の支払いが後日(約3ヵ月後)に行われることになります。(こちらを参照)

前のページへ ページの先頭へ 次のページへ

15






かっこ




かっことじ