目次 知っておきたい健康保険 こんなときに 退職した後は Home

家計の一時的出費を軽減するためにご利用ください。

 皆さんが入院などで病院等に支払う自己負担額が高額になった場合、あるいは出産された場合に健康保険組合から高額療養費及び出産育児一時金の給付が申請または請求により受けられます。
 しかし、高額療養費を受けられるまでには診療を受けた月の翌月から3ヵ月以上後でないと受けられなかったり、あるいは出産育児一時金は出産後でないと受けられないため、相当な時間がかかります。そこで、給付を受けるまでの間のつなぎとして、「高額療養費つなぎ資金」及び「出産費資金」を無利子で借りられる貸付制度がありますのでご利用ください。
 なお、当健康保険組合ではこの貸付業務について直接行っておりませんが、東京都内に所在する総合健康保険組合間の共同事業として「一般社団法人東京都総合組合保健施設振興協会(略称:東振協)が主体となって行う貸付事業に参加して実施しております。実際の貸付業務は、東振協が行うことになります。

貸付金の申込み

 
出産費資金貸付
貸付を受けられる場合
○出産予定日までの期間が1ヵ月以内の場合
○妊娠4ヵ月(85日)以上で医療機関等に一時的な支払が必要な場合

貸付額

(算出した額に千円未満の端数があるときは、端数を切り捨てた額が貸付金となります。)

○出産予定日までの期間が1ヵ月以内の場合に受けとるときは、「出産育児一時金」の42万円の9割(37万8千円)
○妊娠4ヵ月以上で医療機関等に一時的な支払が必要となったときは、「出産育児一時金」の42万円の9割(37万8千円)に達するまでの額

貸付申込書

(2部複写になっており、健康保険組合にあります。)

○健康保険出産費資金貸付申込書(1)
○健康保険出産費資金貸付申込依頼書(2)
【記入上の注意】被保険者が記入する欄に必要事項を記入してください。2枚目の申込依頼書には貸付金に相当する額の受領を「東振協会長」に委任していただく欄がありますので記入・捺印もれないように注意してください。
貸付申込書に添付する書類
○出産予定日までの期間が1ヵ月以内で申込むとき
・母子健康手帳の写しまたは出産予定日1ヵ月以内であることを証明する書類を付けてください。
○妊娠4ヵ月以上で貸付を申込むとき
・母子健康手帳の写しまたは妊娠4ヵ月以上であることを証明する書類に医療機関等からの出産に要する費用の内訳のある請求書または領収書を付けてください。
貸付申込書の提出先
直接、健康保険組合に提出
■健康保険組合では内容を確認したうえ、「東振協」へ送付します。

  ページの先頭へ  

貸付金の振込み

高額療養費つなぎ資金貸付及び出産費資金貸付(共通)
(1) 「東振協」では、申込書の内容を審査したうえ、貸付の可否及び貸付額を決定し、ただちに申込者の指定した銀行の口座に振り込みます(郵便局を指定することはできません)。
(2) 「東振協」では、振込みと同時ぐらいに申込者あて貸付決定通知書と借用証明を送付します(振込手数料は、東振協が負担します)。
(3) 申込者は、折り返し借用証書に必要事項を記入のうえ、「東振協」へ提出してください(借用証書には、借受領額に応じて収入印紙が必要となりますが、これは負担していただくことになります)。

貸付金の返済

出産費資金貸付
(1) 申込者本人又は被扶養者の方が出産したときは、すみやかに出産育児一時金請求書を健康保険組合に提出してください。
(2) 健康保険組合が(1)の請求書により出産育児一時金を決定し、申込者の委任に基づく貸付金相当額を「東振協会長」に支払うことによって返済されたことになります。
(3) 貸付金を返済した残りの1割相当額※は(1)の請求書により健康保険組合から申込者へ支給されます。
(4) 「東振協」では、健康保険組合からの支払を確認し、申込者へ貸付金返済完了通知書と借用証書をお返しいたします。


・産科医療補償制度加入機関で出産の場合(4万2千円相当額…42万円と貸付金との差額)

・未加入機関で出産の場合(4万4百円相当額…40万4千円と貸付金との差額)

 

 申込者は、貸付金を受けた後、返済されるまでの間に、次の事項に該当したときは、関係する届を健康保険組合経由で「東振協」あてに提出してください。

ア 住所・氏名が変わったとき
イ 勤務していた事業所を退職したとき
ウ 申込者がなくなったとき(家族などの方が提出)

出産費資金貸付の計算例
前のページへ ページの先頭へ 次のページへ

13