目次 知っておきたい健康保険 こんなときに 退職した後は Home

【傷病手当金】

 被保険者(本人)が、業務外の病気やケガの治療のために仕事につけず給料がもらえないときは、本人とその家族の生活のために「傷病手当金」が支給されます。

支給を受けられる条件
 

〈支給を受けられるのは、以下の4つの条件にすべて該当したときです〉
1 療養のためであること
 病気やケガのため療養中であること 
*自宅療養でもかまいません。
2 病気やケガのため仕事につけないこと
3 4日以上休んだとき
 連続した3日間は待期期間として支給されません。
4日目から支給されます。
4 給料の支払いがないか、少ないこと
 療養のため休んでいる期間に
給料が支払われている場合、
傷病手当金と給料との差額を支給します。
 
支給期間の図
 

イラスト

支給される期間

支給開始日から1年6ヵ月(18ヵ月)
*18ヵ月の間に出勤された日があっても延長されません。

支 給 金 額

 休業1日につき支給開始日の属する月以前の直近の継続した12ヶ月の標準報酬月額の平均額の30分の1(標準報酬日額)の3分の2を支給。
ただし、標準報酬月額がさだめられている月が12ヶ月に満たない場合(入社して1年未満)は、支給開始日以前の直近の継続した各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1(日額)に相当する額と当組合の平均報酬月額の30分の1(日額)とを比較したいずれか少ない額の3分の2に相当する額を支給。
 老齢厚生年金、障害厚生年金等を受給している場合は、傷病手当金の方がその受給額よりも多い場合に限り、差額が支給されます。

 例)支給期間 平成28年4月1日(支給開始日) 〜 平成28年4月30日 支給期間30日

標準報酬月額 240,000円の場合
月数 12ヶ月 11ヶ月 10ヶ月 9ヶ月 8ヶ月 7ヶ月
年月 H27.5 H27.6 H27.7 H27.8 H27.9 H27.10
標準報酬月額 220,000 220,000 220,000 220,000 240,000 240,000
月数 6ヶ月 5ヶ月 4ヶ月 3ヶ月 2ヶ月 1ヶ月
年月 H27.11 H27.12 H28.1 H28.2 H28.3 H28.4
標準報酬月額 240,000 240,000 240,000 240,000 240,000 240,000

標準報酬月額12ヶ月 合計
 220,000円×4ヶ月 + 240,000円×8ヶ月 = 2,800,000円
 2,800,000円 ÷ 12ヶ月 ÷ 30日 = 7,777.7777→ 7,780円
  (10円未満四捨五入)
 7,780円の3分の2=5,186.6666円→5,187円/支給日額
  (1円未満四捨五入)
 5,187円 × 30日 = 155,610円/支給額

 

手続き

 「傷病手当金請求書」に病気療養のため働けないという医師の証明と事業主の休業および給与支給状況の証明を添えて、健康保険組合に提出してください。

申請書はこちら記入例はこちら



前のページへ ページの先頭へ 次のページへ

12
























かぎかっこ




かぎかっことじる








まる