目次 知っておきたい健康保険 こんなときに 退職した後は Home

入院時食事療養費

 入院したときは、食費の一部を被保険者・被扶養者とも1食につき360円〈低所得者は210円〉を自己負担し、残りは健康保険組合から入院時食事療養費(家族は家族療養費)として給付されます。
*入院時食事代の自己負担分は高額療養費一部負担還元金、家族療養費付加金の対象にはなりません。


入院時の標準負担額(1食につき)

区 分
標準負担額
…………………………………………………………………
一般
360円
低所得者
90日まで210円
91日から160円

●低所得者とは、住民税非課税世帯の人です。
●被保険者およびすべての被扶養者の所得が一定の基準未満の高齢受給者は100円です。
●特別注文食や特別材料食を希望した場合には、その分を別途自己負担します。
●療養病床に入院する場合には、介護保険と同額の食費(460円)と居住費(320円)を負担することになります。
※共に低所得者には軽減あり。

 

イラスト
手続き  低所得者に該当する人が入院する場合は、「標準負担額減額認定申請書※1」にて申請してください。
減額申請ができなかった場合は、後日その差額を「食事療養標準負担額差額支給申請書※2」に領収書のコピーを添付して請求することができます。
※1標準負担額減額認定申請書
申請書はこちら 記入例はこちら
※2食事療養標準負担額差額支給申請書
申請書はこちら 記入例はこちら
9















 

 

 

 
訪問看護療養費・家族訪問看護療養費

 訪問看護ステーションを利用したとき、訪問看護療養費・家族訪問看護療養費が支給されます。在宅の末期がん患者、難病患者、重度障害者等の療養上の世話や診療補助を必要とする患者が対象です。医師が認めたときに限り、被保険者、被扶養者とも3割の自己負担で済みます。

イラスト

*介護保険の認定を受けた方は、原則として介護保険の給付が優先します。

付加給付の訪問看護療養費付加金・家族訪問看護療養費付加金についてはこちら


前のページへ ページの先頭へ 次のページへ

10