目次 知っておきたい健康保険 こんなときに 退職した後は Home
1/2へ 2/2

【高齢受給者】

70歳以上74歳以下の被保険者及び被扶養者は、病院や診療所に保険証と「健康保険高齢者受給者証」 を提示すれば、医療費の一部を自己負担するだけで治療を受けることができます。これを「高齢者療養費」 といいます。
70歳になられる方や70歳を超えて加入された方には「健康保険高齢者受給者証」を健康保険組合から交付します。

角丸 高齢受給者の自己負担
角丸
一般所得者は医療費の2割(現役並み所得者は3割)を自己負担し、残り8割を健康保険組合が負担します。
※ただし、一般所得者で、平成26年3月までに70歳に達した被保険者は1割に据え置かれています。

角丸
角丸

現役並み所得者とは?

 70歳以上で、月収が28万円(課税所得145万円)以上の被保険者とその70歳以上の被扶養者が、現役並み所得者となります。
 ※ただし、以下の場合は一般所得者(2割負担)となります。
・70歳以上74歳以下の被保険者の年収(70歳以上の被扶養者がいない)<383万円
・70歳以上74歳以下の被保険者の年収+70歳以上の被扶養者の年収<520万円
 ※所得にかかわらず70歳未満の被保険者に扶養されている方(被扶養者)は2割負担

●70歳以上74歳以下の被保険者及び被扶養者の高額療養費自己負担限度額

 
個 人 ご と
外来のみ
世 帯 ご と
外来・入院とも
一 般 所 得 者
14,000円
[年間上限144,000円]
57,600円※1
現役並み所得者
57,600円
80,100円+(総医療費−267,000円)×1% ※1
低 所 得 者 
8,000円
24,600円(住民税非課税世帯)、15,000円(さらに一定基準に満たない方等)

※1 同一世帯で高額療養費が1年間(直近12ヵ月)に4回以上発生した場合、4回目からは自己負担限度額(一般及び現役並み所得者の世帯)が、44,400円に引き下げられます。
※暦月において、ひとつの医療機関の入院、通院それぞれで、上記自己負担限度額以上の支払はありません。限度額を超える高額療養費分は、健康保険組合が医療機関に直接支払います。

付加給付
【一部負担還元金】【家族療養費付加金】【合算高額療養費付加金】
【訪問看護療養費付加金】【家族訪問看護療養費付加金】

ひとつの医療機関で上記の「自己負担限度額」超えた場合、本人の申請により支給されます。
申請書に領収書のコピーを添付し、診療月の翌月から2ヵ月後を目途に健康保険組合にご請求ください。

申請書はこちら 記入例はこちら

 

前のページへ ページの先頭へ 次のページへ

8









70

74














かぎかっこ




かぎかっことじる








まる