目次 知っておきたい健康保険 こんなときに 退職した後は Home
1/3 2/3へ 3/3へ

【健康保険が使える医療】

 保険医療機関に指定されている病院、診療所で保険証を提出して一部負担金を支払えば、以下の診察、治療、看護等の医療が受けられます。

診察・検査  体調に異常があれば、健康保険で医師の診察、往診が受けられます。治療に必要な検査も受けられます。
薬・注射    治療に必要な薬は、支給されます。ただし、厚生労働省が定める「薬価基準」に掲載されている薬に限ります。
治療材料等    治療に用いる治療材料は、すべて支給されます。松葉杖、補聴器、義手、義足等も治療に必要な期間だけ借りることができます。
処置・手術等    認められた注射等、必要な処置、手術はもちろん、放射線治療や精神療法、療養指導等も受けられます。
入院・看護    医師が必要と認めれば、健康保険で入院できます。入院中は1食360円を食事療養費として自己負担します。入院は一般室で、特別室(個室等)は一般室との差額が自己負担となります。
訪問看護
(在宅介護)
※介護保険の給付が優先
   在宅患者は、医師の指示で「訪問看護ステーション」から派遣された看護師等の看護・介護を受けられます。自宅までの交通費等は実費がかかります。

前のページへ ページの先頭へ 次のページへ

7





使





使





1/3