目次 知っておきたい健康保険 こんなときに 退職した後は Home
1/4 2/4へ 3/4へ 4/4へ

 

保険料負担割合
 
健康保険料率
(調整保険料を含む)
介護保険料率
被保険者の負担
 
49.85
1000
8.7
1000
事業主の負担
 
49.85
1000
8.7
1000
合   計
 
99.7
1000
17.4
1000

※介護保険料は40〜64歳の方が徴収対象になります。


【保険料率】(平成30年3月現在)

 私たちの収入は、その人によっても、月によっても千差万別です。給与を区切りのよい幅で区分した基準額(標準報酬・保険料月額表)を決めて、保険料の計算をします。

 保険料は、この基準額(標準報酬・保険料月額表)の千分のいくつという割合で決められます。

 

 

 

 

【保険料】

 保険料には、一般保険料・調整保険料・介護保険料があります。これらは、それぞれの保険料率をもとに決められます。

●健康保険料   (一般保険料)

 健康保険の給付、保健事業費、納付金、事務費等のため

 

(調整保険料)
   健康保険組合の財政難のための「財政調整事業(組合間の共同事業)」に充てられ、高額な医療が発生した組合等にも交付されます
*調整保険料は普通、健康保険料(一般保険料)に含まれます
●介護保険料    介護サービスのため(こちらを参照)

一般に健康保険料(特定保険料・基本保険料・調整保険料)と、介護保険料と2つに大別されます。
育児休業中は、保険料(被保険者・事業主負担分とも)は免除されます。(こちらを参照)
免除期間は育児休業を開始した日の月から、終了予定日の翌日の月の前月までです。


前のページへ ページの先頭へ 次のページへ

4