目次 知っておきたい健康保険 こんなときに 退職した後は Home
1/3へ 2/3へ 3/3

被扶養者の申請には
添付書類が
必要となります。

こちらの条件を満たした人が
 申請することができます。

手続き

 結婚したり、子供が生まれたりして被扶養者が増えたとき、就職、別居、死亡などで被扶養者でなくなった人が生じたときは、5日以内に「被扶養者(異動)届」にそれぞれの添付書類(下表参照)と保険証を添えて事業所経由で当組合に届け出てください。


角丸  
角丸
   添付書類は、被扶養者の状況や家族構成などにより変わります。
下表の添付書類以外の書類の提出をお願いすることもありますので、お手続きの前に当組合にお問い合わせください。
 
角丸  
角丸
【被扶養者(異動)届に添付する書類】

○…必ず添付が必要

書類 被扶養者現況書 戸籍証明書類
記載事項 省略不可 住民票謄本
証明できるもの 年間収入額を

 

続柄 ※3 ※1
父母 ・ 祖父母 -  
義父母 ・ 義祖父母 @ @・・・被保険者との関係(続柄)が分かるもの
配偶者 - -  
内縁の妻・夫 @ @・・・被保険者分と内縁の妻・夫分の両方
- -  
18歳未満 - - ※2 △・・・就労している場合
18歳以上 - ※2 学生は在学証明書または学生証の写し
△・・・学生で収入がない場合は省略可
兄姉
弟妹
・孫
18歳未満 - △・・・就労している場合に必要。
18歳以上 - 学生は在学証明書または学生証の写し 
△・・・学生で収入がない場合は省略可
その他(甥・姪等)の親族 @ @・・・被保険者との関係(続柄)が分かるもの

※1   ・働いている場合・・・直近3ヶ月分の給与明細書の写し
・働いていない場合・・・非課税証明書
・退職による扶養追加・・・退職日が確認できる書類
※2 ・女性の被保険者がお子様を扶養に入れる場合
※3   ・世帯全員が載っているもの。別に18歳以上(学生以外)の方が同居している場合は、その方の収入が分かる書類

状況に応じ添付する書類

失業給付を受けられる方・・・雇用保険受給資格証(1面・3面)の写し
年金(老齢・遺族・障害)受給者の方・・・直近の年金額通知書(ハガキ)の写し、または年金の源泉徴収票の写し
障害者で収入のある方・・・身体障害者手帳の写し
自営業の方・・・確定申告書・収支内訳書・青色申告決算書の写し
別居の方・・・ 住民票謄本
被保険者からの毎月の仕送り額が確認できる書類【預金通帳(写)・現金書留(控)等】
手渡し(不可)

収入がある方が被扶養者となるためには

●被扶養者の『収入』とは、給与・事業収入のほか、非課税交通費・各種年金・失業給付・利子・配当・不動産収入・生活保護費など継続性のある収入すべて含みます。

◇同居の場合
認定対象者の年収が130万円未満(60歳以上または障害者の場合は180万円未満)で、被保険者の年収の2分の1未満であること。

◇別居の場合
認定対象者の年収が130万円未満(60歳以上または障害者の場合は180万円未満)で、被保険者からの援助額より小額であること。
(注)毎月の仕送りが前提条件です。例えば、3ヶ月ごとや半年ごとなど一括の仕送りや、手渡しは認められません。当組合では、定期的に認定状況の確認調査を行っております。その際、毎月の送金がない等、生計維持の確認が取れない場合は、扶養から外れていただきます。

その他

被扶養者現況書」は、「申請書一覧」からプリントアウトできます。
被扶養者認定の内容により、追加書類が必要になる場合があります。



前のページへ ページの先頭へ 次のページへ

2