目次 知っておきたい健康保険 こんなときに 退職した後は Home
1/3へ 2/3 3/3へ

【被扶養者の条件】

1 主として被保険者の収入によって生活していること

2 被扶養者の対象となる家族範囲
 
(三親等内親族表における範囲)

被保険者と同居でも別居でもよい人

<1> 配偶者(内縁も)
<2> 子、孫
<3> 兄、姉、弟、妹
<4> 父母など直系尊属
被保険者と同居が条件の人

<1> 左枠以外の三親等内の親族
<2> 内縁の配偶者の父母、連れ子

3 被扶養者となるための収入条件

 年間収入が130万円未満であること。(ただし、60歳以上および身障者は180万円未満であること)
   同居の場合、被保険者の収入の2分の1未満であること。
   別居の場合、被保険者の仕送り額がその親族の人の年間収入を上回ること。

※以上3つの条件を健康保険組合が総合的に判断し、認定します。

前のページへ ページの先頭へ 次のページへ

2