目次 知っておきたい健康保険 こんなときに 退職した後は Home


 皆さんが、会社に入社した日に「健康保険被保険者証」(一般的に保険証といわれています)が交付されます。健康保険に加入していることを示す身分証明書です。病気やケガ等で医者にかかるとき、保険証を病院(保険指定医)の窓口で提示すると医療費の一部を負担するだけで必要な医療が受けられます。お金と同様に価値のある大切なものなのです。被保険者、被扶養者個々に1枚づづ交付いたしますので、特にお子様の保険証を含め、取扱いには十分注意して、紛失しないよう大切に保管してください。

正しい保険証の取り扱い方

1 記載内容に誤りがないか確認して、裏面の住所欄に現住所をご記入ください。 5 記載内容を修正しないでください(ただし、住所が変わったときは、ご自分で住所欄を変更してくだい)。
2 病院にかかるときは、必ずご持参ください。 6 結婚して姓が変わった等の記載事項に変更が生じたら5日以内に届出てください。
3 病院に預けたままにせず、ご自分で保管してください。 7 紛失・破損したらただちに届出て、保険証の再交付を受けてください。
4 保険証の貸し借りは法律で禁止されています。 8 会社を辞めた、またはお子さんが就職した等で、保険の資格が無くなったら、ただちに保険証を返納してください。
保険証の説明図

図はクリックで拡大表示できます

 



前のページへ ページの先頭へ 次のページへ

3



































まる













てん




使




まる




かっこ







かっことじ